おりものの臭いが気になったら抗真菌薬で治る?

おりものの臭いや量に悩む女性は多く、非常にデリケートな問題のため、人に相談しづらかったり、病院に行くのも躊躇いがちです。単純におりものの量が多い、ちょっと臭いが気になる程度では、個人差があるため異常とは言い切れないところがあります。しかし下着を頻繁に交換するようなおりものの量や、カッテージチーズ状のぼろぼろとしたもの、生魚のような生臭さがあった場合は、性感染症の疑いがあります。
おりものの異常があらわれる症状には、有名なところで膣カンジダ症、クラミジア感染症、性器ヘルペスなどがあります。それぞれおりものの量や色が違ってくるので、ある程度は症状を判断することが可能です。
カンジダは酒かすやカッテージチーズのように、ボロボロとした白いおりものが増え、堪えられないような痒みを伴います。病原菌は真菌というカビの一種で、膣内で増殖することで発症する病気で、治療には抗真菌薬を使います。
クラミジアは黄色い粘り気のあるものや水っぽいおりもので、膿が混じることが多く、強い臭いを感じることができます。細菌による感染が原因で、性感染症の中で最も感染率の高い病気とされ、抗菌薬を治療に用いることになります。
性器ヘルペスはイボ状のできもので、膣外にできることが多いですが、まれに膣内に発生し黄色いおりものが出ることがあります。基本的に、誰もが持っているヘルペスウイルスが暴れ出して発症するもので、完治はしませんが再発はしにくい病気です。主に抗ヘルペスウイルス薬を使って治療をします。
抗真菌薬はカビに効果のある治療薬で、この場合はカンジダに有効な薬と言えます。それ以外の症状に抗真菌薬の効果は期待できませんので注意が必要です。今回挙げた症状は一部で、おりものの異常による病気はまだまだ沢山あります。自己診断で安易に決めつけると症状が進行して大変なことになるので、しっかりと医師の診断を受ける必要があります。