中国で製造される抗真菌薬の効果とWBCについて

抗真菌薬は体内のカビの駆除のために使用される薬でカンジダの治療に使われることが多い薬です。また水虫などを引き起こす白癬菌もカビの一種なので抗真菌薬を外用薬として使用することで症状を改善して、水虫の原因菌を完全に駆除していきます。抗真菌薬はドラッグストアなどでも購入することができますが、個人輸入代行サービスでも入手することができます。個人輸入で手に入れることができる抗真菌薬に関しては日本やアメリカのメーカーが中国で製造しているものが多いので、安価なものは成分の含有量が不安定な場合もありますが、先進国のメーカーの場合はチェック体制が確立されているので、中国で製造されていても安心して使用することができます。中国では独自に開発された漢方薬などが販売されていますが、作用が強すぎたり、日本では禁止されている成分が含まれている場合があるので健康に対するリスクを考えて服用しなければなりません。WBCは血液検査の結果などを見ると目にすることが多い項目で白血球の数をあらわしているので、健康診断を受けた時にWBCが減少している場合には何らかの原因によって免疫機能が低下している可能性があるので、精密検査を受けて原因を特定することが必要になります。一般的にはWBC検査の結果が異常な場合には白血病やエイズなどの免疫力を低下させる病気があるとされていますが、細菌感染や炎症反応が起きていると高くなることがあるので、基準値よりも高い場合には扁桃腺などの炎症や、肺炎や虫垂炎、白血病などの疑いがあります。また運動やストレスが原因で検査結果が上昇することもあるので、正常値を超える結果が出たとしても、ほとんどの場合は深刻な病気になることはありません。