発展途上国で問題の残尿感のある性病は抗真菌薬が有効

日本人がかかりやすい性病の種類として、クラミジアがあります。
男性がクラミジアに感染したときには、尿道炎のような症状があらわれることがあり、軽い残尿感を感じることが考えられます。
男性が性病に感染したことを自覚症状するときには、残尿感や尿道の痛みやかゆみなどがあらわれることがあります。
クラミジアになる原因としては、「クラミジア・トラコーマティス」という菌によって引き起こされるもので、性行為やオーラルセックスによって感染します。
近年では、10代や20代の感染者が多くなっており、全国においておよそ100万人の感染者がいると推定されています。
若い世代においては性病における知識が不足していることもあって、無自覚のうちに感染していることが珍しくありません。
性病については性行為のパートナーにもうつしてしまうものとなりますので、早期に医療機関で検査を受ける必要があります。
残尿感を感じるときには泌尿器科を受診して検査を受けることが大切で、クラミジアに感染していたときには抗真菌薬が有効です。
クラミジアを発症しているときには、ミノマイシンやクラビットという抗真菌薬を服用することになり、2回か3回の通院で治すことができます。
女性の場合には、およそ2割の方におりものの増加や下腹部に痛みの症状があらわれます。
性病の疑いがあると感じたときには、医療機関で抗真菌薬の処方を受けることが大切です。
クラミジア結膜炎であるトラコーマは、一部地域の発展途上国において失明の大きな原因となっていることでも知られています。
日本ではほとんど見られなくなった病気と言えますが、発展途上国では増加しています。
性感染症の原因になるクラミジアが、結膜に感染することが発展途上国で蔓延しており、旅行の際に感染しないように注意が必要になります。